儲かる?儲からない?やり方次第でどちらにも転ぶ、これが投資です。

>

投資リスクを考えて、慎重な取引をする事が大事

リスクの本来の意味は?

リスクとは危険と意味する言葉です。
しかし、その危険性を軽減できればより信頼のある投資商品になるのではないでしょ
うか。
逆に、リスクを回避できれば投資に失敗しないのです。

リスクは、そのリスクをいかに理解し低い比率にしてゆくのかが大切なのです。
リスクの要素は何なのか。
その要素をどうすれば排除できるのか。又は、力を弱めることができるのか。
色々な研究・分析をすることで、その投資商品の本質が見えてきます。

その中から、自分で納得のゆく信頼できる投資商品を見つけ出して、その商品に投資をすることが一番良い方法だと考えます。

リスクは、商品選択の指標となるものなのです。

これからの、高齢社会を抱えている日本は、自分の老後資金は自分で稼ぎ出すしかないのです。
社会保障は少子高齢化により、今の子供たちにつけを追わせてゆくわけにはいかないのです

リスクを怖がるな!そこに利益が見える。

リスク、リスクと投資に否定的な意見を述べましたが、投資を否定しているわけでは
ありません。
リスクと向き合い、FX取引投資を行い利益を取っていただきたいのです。
リスクと向き合うことで、そのリスクがなんであるかを確認できます。
次に、そのリスクを回避するためにやらなくてはいけないことを考えます。
そのやらなければならないことの結果によって、利益の大きさが変わるのです。
あきらめてもダメ、必要以上にリスクを恐れてはだめなのです。
リスクの正体が見えたら、それはリスクではなくなります。

そのリスク回避が出来たら、勝負の一手を打てるのです。
これからの日本、自己資産を増やすために貯蓄した資金を動かし、「お金にお金を作らせる」お金は動かなければ増えないのです。

最後に「お金はお金を運んでくる。お金を動かすことは投資をすること」


TOPへ戻る